「会津葵」の小梅

デパートの物産展に行った時、和菓子のコーナーに福島県会津若松市にある上菓子司「会津葵」が出店していました。物産展に出店しているお店が載ったチラシには、店番はお店の方のお母様が担当しているという事が書かれていまして、行ってみるとそれらしいおしとやかな女性がいらっしゃいました。その日はそちらで買わなかったんですが、なんだかお母様が販売していた打菓子が買いたくなっちゃいまして別の日に行きました。行ってみたら店番は元気な若い女性に代わってました。お母様に何かあったんだろうかと思いつつ、せっかく来たので打菓子を買いました。いくつか種類があったんですが、梅の花の形をした可愛い小梅にしました。

小梅の包装

小梅

包装がお弁当箱の様でおもしろいですよね。梅の絵が描かれたきれいな紙の箱に、雲龍紙で包まれた打菓子がたくさんはいっていました。打菓子とは阿波産の純和三盆糖に会津産特上の白蕎麦粉を配合し、紅花から抽出した本紅を用いた干菓子です。蕎麦落雁ですね。ひとつひとつ桜材の木型で打ち出しているそうですよ。

小梅は五弁の梅の花ぶらを形どり、中心にはみやびやかな九重をあしらっています。上品な甘さとさらりとした口どけで珈琲に合いましたが、梅酒にはさらに良く合いましたよ。

市内のシルクロード美術館に併設されたエキゾチックな茶房『西遊館』では、当地より集められた貴重な美術・工芸品に囲まれたシルクロードの雰囲気の中、「会津葵」のお菓子やくずきりを珈琲と共にいただけるそうです。他の飲物には塩紅茶、ジバドレモン割、お抹茶もあるそうです。

上菓子司会津葵
http://aizuaoi.com/

コメント


トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/17 08:42)

会津若松市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

2014年05月17日(土) 08時43分 | ケノーベル エージェント

↑